平和な江戸時代、甲冑職人がふざけ始める


戦場で命をかけて戦う以上、甲冑は勇ましく格好いいデザインでありたいもの。

戦国時代において、兜飾りには各々座右の銘などを意匠としたものをあしらいました。

時は流れ、江戸時代に入り世は太平の時代。平和な時代になり甲冑も実用的なものから飾るものになり、目で楽しむものになっていくのですが、その中でも個性光る甲冑のご紹介です。

まずはトップクラスに珍しいスケルトン甲冑。

加藤清正所蔵。

じーさんの垂れ乳が露わとなっております。


こちらは頭に軍配を乗っけてみました。

秀吉が伊達政宗に送ったもの。これを送られた正宗の気持ち。


黒田如水の甲冑。お椀を被せただけのシンプルなデザインが逆に新鮮。


以下、海鮮シリーズ。

カニ、ホタテ、エビ、サザエ。





以下、けものシリーズ。

ウサギ、くま、ロバ、ワニ。

かなりふざけ始めてます。





そんな中、一切ふざける気のない織田信長のラスボス感。


進士 素丸

#歴史

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Basic Square